vol.1レーシングエンジニアにとってラジエーターとは - レーシング用アルミラジエーター | DRL | DAIWA RACING LABO

Contents

Interview

DRL Professional Interview

vol.1 レーシングエンジニアにとってラジエーターとは

interviewee:TRACY SPORTS エンジニア 伊藤 芳明さん

2021.10.12

(取材日:2021年8月1日 スーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook 第4戦 TKU スーパー耐久レース in オートポリス)

伊藤さんが所属するプロフェッショナルレーシングチーム、TRACY SPORTSは「走る楽しみを最高の楽しみに」という理念のもと、ベース車両に独自の改良を加えたレーシングカーの製作を得意とするカーチューナー。スーパー耐久シリーズ等のレースへの参戦のほか、他のレーシングチームへの車両・技術サポートの提供や共同参戦、各種車両パーツメーカーとの共同研究開発等を行っています。

取材当日は2021年S耐第4戦の決勝レース開始直前、ST-1クラスに参戦する最終のチューニングを行うピットのそば。やさしい笑顔と気さくな語り口で答えてくださる伊藤さんに、プロの目でみるラジエーターについてお話を伺いました。

ピットでスタンバイするマシン
レース前にマシンの最終チェックをする伊藤さん

レースは熱との戦い
だからこそラジエーターを強化する意味がある

まずは基本的な質問から、
チューニングを行うパーツのうち、ラジエーターの重要度についてはどうお考えですか?

「レースは基本的に熱との戦い。エンジンにしても何にしても熱を持つものばかり、それを冷やすという意味ではラジエーターは無いと走れないものですね。エンジンに比べて華やかではないかもしれないけれど、重要度はものすごく高いです。」

レースというと、エンジンの性能やスピードなどのイメージがありますが、ラジエーターとスピードとのバランスという意味ではいかがですか?

「ラジエーターは直接スピードには影響しないのですが、ノーマルでもチューニングエンジンでも、エンジンは馬力を出せば出すほど熱量が上がる。そのパフォーマンスを維持するためには出る熱をちゃんとはかさないといけない、そうなると純正ラジエーターだと足りないということです。チューニングの度合いに従ってラジエーターも強化する必要がありますね。
僕らも実際エンジンはほぼノーマルを使っていますが、レースではずっと最高出力に近いところで使うのでノーマルのラジエーターだと到底足りない。出力を保って走るためには絶対に必要です!」

コーナーでの攻防。勝負に出る際の妨げにならないよう常にエンジンの温度管理は大切

冷えることに加えて
サイズや重量とのバランスが大切

なるほど、エンジンにとって、とても大事なパーツですね。
そうなると、理想的なラジエーターというのはどういうものになりますか?

「もちろん冷えれば冷えるほどいいのですが、サイズや重量も大事ですね。最近よくあるのが無駄に分厚いラジエーター、大きくて見た目のインパクトはすごくあるんだけど、実際はそんなに厚いと風も抜けないし、重い。部品自体の重さに加えて水をいれると重量もかなりになりますからね。そうなると、でっかいラジエーターをつけて余計に悪くなるってことは意外とありますから。
それに対してDRLさんはコンパクトで薄い、絶妙なサイズ感できてますよね。」

車全体のバランスを考えたチューニング。狭いエンジン内で「コンパクトで薄い」という特性は重要
レース車両に取り付けられたDRLのラジエーター
DRL製品はフィンやチューブの内側も全てアルミ素材が基本

アルミ金属素材の安心感
純正との違いとは

素材に関してはどんな要件やこだわりがありますか。

「DRLさんのはアルミで作られているので、強度があると思います。純正品だとプラスチックなので、ちょっとぶつかると曲がってすぐ漏れてしまう。金属だとちょっとぐらいぶつかっても、曲がりはしますが漏れはしないので。
耐久だと多少ぶつかっても大丈夫な、頑丈さが必要ですからね。そういう面ではかなり助かってます。」

今回のS耐では5時間、あの速度で走り続けるってことですよね。

「前回はもっとですよ、24時間ですからね」

24時間と5時間だと全然ちがうんですか?

「全然ちがいます!!(笑)」

ラジエーターの強度についてはいかがでしょうか?

「24時間だと夜間も走りますから、やはりものが当たったり多少の接触などがあるんですよ。当たったクルマが戻ってきたら、バンパーまわりを直してまた行かせてますが、それって意外となかなかできないですから。普通は前がぶつかったらラジエーターが壊れて、水も漏れて戻ってきますからね。」

なるほど、その強度もある程度想定しておかないといけないんですね。

「そうですね、想定しておかないといけないです。素材も大事です!」

メカニックのチームメンバーと最終チェック
数値データをチェックし、スタート前の最終確認。
カーレースはチーム戦。各々の役割をしっかり行いチーム全体をまとめるのがエンジニアである伊藤さんの仕事

自作のラジエーターでは使えなかった
冷却性能のパラメーター、サーモスタットが使える!

ラジエーターの信頼性で一番大事にしたいポイントをお聞かせいただけますか?

「一番大事にしたいのはやっぱり冷却性能ですね。実はDRLさんのを使わせてもらう前までは、実際僕が自分で作ってました。
コアだけっていうのが売っていて、それにアルミで板を切って曲げて溶接して作っていたんです。自作だとまともな圧力検査とかもできないし、そもそもそれが冷えるかどうかも確実ではないんだけど、ノーマルよりかは冷えるから使っとこうって使っていました。
DRLさんのラジエーターを一番最初に使わせてもらったのはたしかS2000で、はじめてサーモスタットをつけました!」

サーモスタットはどういうものですか?

「サーモスタットは、車のエンジンがオーバーヒートしないように温度調整をおこなう大切な部品です。エンジンが冷えているときはラジエーターとの水路の蓋が閉まって、エンジンの中で冷却水を還流させますが、エンジンの温度上昇にあわせてサーモスタットが開いていき、冷却水がラジエーターに流れ出すというしくみです。
サーモスタットをつけるとその流路があまり広くないため、普通レースでは外してしまって、冷却水がラジエーターにずっと循環している状態です。
でもそれだと意外と冬が面倒くさい。11月くらいから、冬だと冷え過ぎちゃうので、ラジエーターの前にガムテープ貼ったりしてあえて冷えを抑えておかないとオーバークールになるんですよ。」

様々なメーカーのパーツが採用されているレース車両
スープラらしい力強い顔つきとカラーリング

冷却性能が高いからこそ
ラジエーターに任せられる信頼感

なるほど、冷えすぎなのもだめなんですね。

「人間と一緒で適正体温(水温)があります。人間は運動すると熱をはかすために汗をかいて発汗で自己調節できるけど、車は水冷式ですからね。」

ほどよくいい状態をずっと保てることが大事なのですね。

「そうなんです。サーモスタットは基本的には冷却の邪魔だったのでずっと使っていなかったんですが、ラジエーターがちゃんと機能するとそもそもの冷却性能があるので、サーモスタットがつけられるんですよ。そうなると冬になってもガムテープを貼ったりしなくても、ほどよい水温で回ってくれるから、あれこれ考えなくてすみますね。」

ラジエーターに任せられる信頼感ですね。

「冷却性能が高くないとつけれないですからね。」

自作しなくてよくなりましたね(笑)

「ラクしちゃってます(笑)」

DRLを使いはじめたきっかけ
インタークーラーでの模索

DRLの製品を使い始めたきっかけを教えていただけますか?

「後輩が他のチームにいて、自作するより冷えてるっていうんです。サーモスタットの話にもなって、サーモつけてますよって聞いて驚きました。それまでレース界でサーモスタットをつけているのを聞いたことがなくて。初めて聞きましたね。
それでDRLさんに相談したのがきっかけです。提供が決まってからはやみつきになってます(笑)。」

なるほど、口コミというか、実際に使われた経験を聞いてということですね。
ではインタークーラーについてはいかがですか?

「僕らはずっとNA、つまりインタークーラーを持っていない、ターボ車ではない自然吸気エンジンの車を使っていたんですが、今年初めてスープラでトライしています。これが変わったインタークーラーで、水冷式なんですよ。
その水冷インタークーラーのための水を冷やす、インタークーラー用のラジエーターというのがエンジンのラジエーターとは別にあって、それを今回無理言って作ってもらいました(笑)。
オーダーメイドでDRLの設計の方が何回か来られて、外した純正部品もみてもらって、やりとりしながら出来上がるまでに結構時間がかかりました。」

使ってみて、感触はいかがですか?

「同じ時期の比較ではないので正確には言えないのですが、感覚としてはおそらく純正より冷えていると思います。
いまから経験を重ねていくという感じですね。いくつか種類も用意していただいているので、コンビネーションのテストなどは今後やっていこうと思っています。」

レースの準備でお忙しい中、終始にこやかに、わかりやすく答えてくださった伊藤さん。
車への好奇心と常に挑戦をつづける姿勢、チームへの信頼感が感じられるインタビューになりました。ありがとうございました。

TRACY SPORTS

https://www.tracysports.jp/

Super Taikyu

https://supertaikyu.co

よく読まれている記事

RANKING