TOYOTA GR YARIS GXPA16 - レーシング用アルミラジエーター | DRL | DAIWA RACING LABO

Products List

Car model

TOYOTA 
GR YARIS  GXPA16

TOYOTA GR YARIS  GXPA16

年式
2020年9月~
コアサイズ
H632 × W395 × T36 mm
製品重量
5.4 Kg
注水時の製品重量
7.5 Kg
定価(税込)
205,700 円

・ラリーやダートトライアルなどのオフロード走行も想定し、振動吸収材をコアサポートに装着

・とにかく妥協のない設計が必要と開発されたモデル

2020年に東京オートサロンで発表されたGR YARIS。
WRCで最高の人気を誇る車両が、最高のポテンシャルをそのままに市販され、
今ではオンロードのレースシーンにも続々と投入されています。

パワーユニットは1.6Lターボとコンパクトなサイズですが、
パワートレインは200kW(272PS)とハイパワーを発揮。
パワーが上がれば発熱量も大きくなり、ノーマルラジエーターも厚みが27㎜と
従来に比べ大きめのサイズが搭載されています。

DRLでは更に放熱面積を稼ぐためコアの厚みを36㎜にカスタマイズしながらも
軽量化を施したベース車両のコンセプトを崩すことなく、ラジエーター単体の重量は最小限に抑えています。
車両側の加工は一切必要なく、コンデンサーやインタークーラーはそのまま純正部品が取り付け可能です。

【DRL製品取扱いにあたって】