MAZDA RX-7 FD3S - レーシング用アルミラジエーター | DRL | DAIWA RACING LABO

Products List

Car model

MAZDA 
RX-7  FD3S

MAZDA RX-7  FD3S

年式
1991年12月〜2002年
コアサイズ
H314 × W613 × T36 mm
製品重量
4.2 Kg
注水時の製品重量
6.8 Kg
定価(税込)
145,970 円

・薄さと軽さを追求、ボルトオン装着が可能な薄型コア

・風を効率的に取り込む独自の細やかな工夫

今もなお人気の高い名車のRX-7。パワーユニットには発熱しやすいロータリーエンジンが搭載されており、ノーマルラジエーターではサーキット走行は厳しく、夏場は公道でも水温が厳しくなることもある車種です。
このモデルでサーキット走行をされる場合には、ぜひチューニングのノウハウがあるプロショップ様にご相談の上、取付けされることをおすすめします。 
極端に斜めの状態でマウントされるラジエーターにうまく風を当てなければ、どんなに放熱性能の高い熱交換器を搭載しても十分に効果が得られないためご注意ください。
とくに劣化が進んだアンダーパネルではラジエーターとの間に隙間ができやすく、たとえ数ミリの隙間であっても極端に放熱性能が落ちてしまう可能性があります。
ブーストアップやタービン交換などのハードなチューニング車両向けには、インタークーラーやオイルクーラーの交換もあわせて必要になります。こちらは、DRLでは車両に合わせた特注設計で対応しています。プロショップ様を通じてご相談ください。

【DRL製品取扱いにあたって】